15
  2017年04月23日       wappalyzer.com

訪問したサイトの利用技術/サービスを教えてくれる Wappalyzer

訪問したサイトがどんな技術やASP/SaaSを使ってるのか気になったことはありますか?Google ChromeのExtensionとして入れておくだけで、多くのサイトの利用技術/サービスが分かるWappalyzerを紹介します。

Flagship LLC

「このサイト、どうやって作ってるんだろう」

その疑問に答えてくれるのがWappalyzerです。
訪れたサイトのCMS、ECプラットフォーム、WEBフレームワーク、サーバーソフト、分析ツールなど、1,029の異なるWeb技術の特定が可能です。

同カテゴリの製品の世界シェアも公開

Wappalyzerは世界中のユーザーが訪れたサイトを解析してますから、その統計情報も保持しており、カテゴリごと(カテゴリ例:Ecommerce、Databases、Mapsなど)に使われている技術やソフトウェアのシェア比率も公開しています。

"Ecommerce"の例だと、下記の通りWooCommerceが1位、Magentoが2位、Shopifyが3位となっています(2017年4月現在)。

集計対象の母数は、Wappalyzerユーザーが閲覧したサイトの合計と思いますので、あくまで視聴率的なデータであることをご留意ください。

出典:wappalyzer.com

Wappalyzer recognises 93 web applications in this category

国内製のフレームワークなどには疎いのかと思いましたが、EC-CUBEはリストに入っていました。

特定の技術/サービスを使ったサイトのリストを販売

Wappalzerは、技術やサービスごとに、その技術/サービスを使ったサイト一覧を10位まで表示しています。それ以降のdatasetを閲覧した場合は、欲しいデータを利用技術、言語、TLD等で絞り込むと、Quote結果が表示され、購入が可能となります(PayPalもしくはクレジットカードでAUD決済)。

購入完了後、メールで対象datasetの入ったZIPファイルへのURLが送られ、解答するとcsvファイルが入っています。

「Magento × 言語ja」のdatasetを買ってみたところ(価格は$50AUDで、対象データは534件)、集計対象データは国内ユーザーよりも圧倒的に国外ユーザー(中でも技術に明るめなユーザー?)の閲覧データのようでした。
Wappalyzerのユーザー層が変わらないうちは、国外ユーザーから人気な国内サイトの発見に使えそうですね。
*たまに、明らかにMagento製ではないサイトも含まれていました。

なお「Shopify」を選択して、言語jaでは結果が得られなかったため、絞り込みなしでQuoteしたところ、対象データが173,294件あり、価格は$510AUDでした。対象データ数に応じた自動見積もりっぽいですね。

BuiltWith

類似サイトにBuiltWithがあります。
https://trends.builtwith.com/shop/Magento/Japan

BuiltWithでのリスト取得は、以前はチラ見出来た気もしますが、今のところ完全有料なようでした。

WooRank Reviews Index

もう一つ類似サイトにWooRank Reviews Indexがあります。
https://index.woorank.com/en/reviews?country=jp&technology=magento

このサービスには上記機能もありますが、各サイトの評価機能の方がメインです。

WhatRuns

WhatRunsは利用されている技術がわかること重視で、例えばこのサイトはRuby on Railsが使われていると言うことはわかっても、Shopifyと言うサービス名までは出してくれません。

https://www.whatruns.com/

ブラウザ拡張機能を入れてWappalyzerを利用開始

Flagship LLC Flagship LLC
Shopify 専門で、クライアントの国内&グローバルEC開発を支援するバイリンガルチーム。特にテクノロジーに強み...
カテゴリ: 開発


関連するタグ
キュレーター紹介
Flagship LLC
Flagship LLC
Shopify 専門で、クライアントの国内&グローバルEC開発を支援するバイリンガルチーム。特にテクノロジーに強みを持ち、基幹システムや倉庫との Shopify 連携、独自 ...

no comments

SNSでthreedotfiveをフォローしよう!