99
  2017年11月29日       komoju.jp

ShopifyへKOMOJUのコンビニ決済導入時に決済手数料表記でできること

コンビニ決済手数料がお客様の注文画面に反映されない時の対処方法を書きました。

Hiroto Komatsu

コンビニ決済アプリKOMOJUをShopifyに導入する際に、コンビニ決済手数料がお客様の注文画面に反映されず、対処法として実施したことを紹介します。

コンビニの決済手数料185円はshopify上で表示されない

コンビニ決済を導入してshopify上にはお客様にご負担いただくコンビニ払いの決済手数料(185円)が表記されません。
具体的には以下のようなフローで注文が進みます。

shopifyのシステムで表示される「支払い方法選択画面」「注文完了画面」「注文確認メール」内には決済手数料の185円が表示されません。

支払い方法選択後にリダイレクトされるKOMOJUの決済画面には決済手数料の185円が反映されています。

何も対応せずにKOMOJUを導入するとお客様は「KOMOJUの決済画面」もしくは「コンビニで実際にお支払いいただくタイミング」にてコンビニの決済手数料がかかることを知ることになり、ユーザーフレンドリーではありません。
そこで現在できそうな対応方法を以下の通り共有します。

決済選択画面でコメントをつける

現在できる手段の1つ目としてお支払い方法選択画面でコメントを付加します。
テーマのEdit Language内にあるCheckout & system / Checkout payment/Card security noticeにて以下のように文言を編集できます。

注文確認メールの表記を変更する

Setting/Notification/Customer notifications/Order confirmationを編集することで注文確認メール内にコンビニの決済手数料を追記することができます。
コンビニ決済を選択した場合にのみ下記画面の赤枠のようにコンビニ決済時の発送フローや手数料を表記できます。合計金額も決済手数料を含めたものを反映できます。

コンビニ決済時の発送フローの文言については以下を追記

   {% if unique_gateways contains "komoju_コンビニ決済" %}
   商品はご指定のコンビニでご入金完了後、3営業日以内に発送いたします。
   {% endif %}

決済手数料の表示は以下を追記

{% if unique_gateways contains "komoju_コンビニ決済" %}
<tr class="subtotal-line">
  <td class="subtotal-line__title">
    <p>
      <span>コンビニ決済手数料</span>
    </p>
  </td>
  <td class="subtotal-line__value">
    <strong>¥185</strong>
  </td>
</tr>
{% endif %}

合計金額のコードは以下の通り変更

{{ total_price | money_with_currency }}

上記箇所を下記の通り変更

{% if unique_gateways contains "komoju_コンビニ決済" %}
    <strong>{{ total_price | plus: 18500 | money_with_currency }}</strong>
{% else %}
    <strong>{{ total_price | money_with_currency }}</strong>
{% endif %}
Hiroto Komatsu Hiroto Komatsu
花咲けピクチャーズという会社でWebやアプリの開発、Shopifyの構築を行なっています。
カテゴリ: ペイメント


関連するタグ
キュレーター紹介
Hiroto Komatsu
Hiroto Komatsu
花咲けピクチャーズという会社でWebやアプリの開発、Shopifyの構築を行なっています。

no comments

SNSでthreedotfiveをフォローしよう!